banner

arrow English

日本作業科学研究会(以下、JSSO)は2006年10月に開催された第10回日本作業科学セミナー(JOSS)にて発足しました。セミナーは1995年より毎年開催されており、様々なアイデアが活発に議論されます。このような場において、同じ興味や目的を持った人々の間での全国的なネットワークづくりへの興味が原動力となり、研究会の発足に至りました。

 

研究会の目的


日本作業科学研究会では、以下のような点を目的として活動します。
(1) 作業科学の研究や教育においての最新のトピックの普及
(2) 人の作業に焦点を当てた学際的な研究の促進
(3) 作業科学に関する研究・教育・政策をめぐる様々なアイデアを、国内または国際的レベルで交換していくこと

これらの目的を達成するため、具体的には以下のようなことを行っています(2006-2008年の活動より)。
1) 理事会と会員からなる研究会の正式な発足(JSSO)
2) 知識の交換やネットワーク作りのための年一回の学会開催
3) 作業科学やJSSO会員への興味の発展のための、二言語でのウェブサイトの  発足と発展
4) 年二回のニュースレターの発行
5) 年一回の「作業科学研究」の発刊
6) 国際的文献への興味をもつきっかけの一端となりうる、Journal of   Occupational Scienceからの抜粋の要約の普及

 

研究会理事

会長     吉川ひろみ
       (県立広島大学保健福祉学部)
副会長    酒井ひとみ
       (関西福祉科学大学保健医療学部)
副会長    西方浩一
       (文京学院大学保健医療技術学部)
理事・事務局 坂上真理
       (札幌医科大学保健医療学部)
理事・事務局 村上典子
       (リハビリステーション うるまの虹)
理事     小田原悦子
       (聖隷クリストファー大学リハビリテーション学部)
理事     近藤知子
       (杏林大学保健学部)
理事     西野歩
       (社会医学技術学院)
理事     ボンジェ ペイター
       (首都大学東京人間健康科学研究科・健康福祉学部)
理事     渡辺慎介
       (YICリハビリテーション大学校)
監事      齋藤さわ子
       (茨城県立医療大学保健医療学部)
監事      堀部恭代
       (愛知医療学院短期大学)


組織図はこちら

 

Copyright 2010 Japanese Society for the Study of Occupation